2017
03.12

冬も終わろうというこの時期に

Category: その他
ミトン編みました。

なぜ突然ミトンかというと、部屋の片づけをしたら
段ボール箱の中から編みかけのミトンがみつかりまして。
編みかけだったのは糸が細くてスカスカだったのでポイしたんですけど、
なんか急に編み物熱に火がついて(12月末の話)。

毛糸を買ってきて、編みかけだったのと同じ編み図のを編んだんですけど。
私、編み物って適当で、ゲージとか無視なんです。
まあ、当然そうなると大きさとかひどくて。
2月なかばまでかかって編んだんですけど、とてもここに載せられるようなものではなく。
左右の大きさも違うし、ミトンっていうより鍋つかみだし。

ということで、違う編み図のもので再チャレンジしました。
こんな感じで…。
1703091
棒針は昔ちょっとハマった時に、何種類かの太さのものを買ったものの、
棒針での輪編みはクンストレース時に無理って思ったので、
輪針1本で編んだんですけど、クンストレースを編む時に買った細いのしか
持っておらず、それで強引に編んでしまいました。
(そんなだから余計にサイズが合わなくなるんだよ)

そんなこんなで何とか完成。

「北欧のかわいいあみもの ミトン・くつ下・帽子」(日本ヴォーグ社)より
野間口由里子さんのぬくもりを伝える手づくりのある暮らし:No.30
1703092
これでもまだ左右の大きさが違う。
しかし許容範囲内(自分に甘い)

1703093
もう冬も終わりますよね。来年使うかな?
(編んだら満足なので使わないかも)

1703094
この本、発行日を見たら10年前でしたん…。
買ってすぐに1作品は編んだ覚えがあるんですけど、
その後10年間段ボール箱の中で眠ってたんだね…。
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2016
05.08

少し前に作ったもの その2

Category: その他
フェリシモ「トルコ発 ポコポコした表情がかわいい
リフ編みボディータオルの会」
2.tepe(丘)
1512011
リフ編みキットの2回目です。
背中も楽に洗えるように長いタイプ。

1512012
リフ編み自体がポコポコした感じで可愛いんですが、
特にこの持ち手と本体の間の部分が物凄くプクプクで可愛い。

1605031
渋い色合いのマルチカラーの刺繍糸。
これでイーネオヤのカーネーションのヘアゴムをもう一度作ります。
前に作ったのは濃いピンクだったので、春夏用に爽やかな色合いのものが
欲しいのです( ˘ω˘ )
Comment:0  Trackback:0
2016
05.03

少し前に作ったもの

Category: その他
フェリシモ「トルコ発 ポコポコした表情がかわいい
リフ編みボディータオルの会」
1.beyaz kuş(白い鳥)
1511011
昨年11月に作ったものです。
表の鳥と裏のボーダーを編んで、2枚合わせて縁編でとじます。
縁編が少し波打ってしまいました。

1511012
想像していたよりもがっちりとした編みあがりで(これは私の手加減の問題かも…?)、
ボディータオルとしては固めな使い心地という感想。

1604301
今はタティングを進めています。
パターンは海外の方のブログより。とっても可愛いハートのドイリーです。
こちらのブログです→Land Of Laces
結構大きなドイリーになる予定。頑張ります。
Comment:0  Trackback:0
2014
12.10

会社でちゃんと活用してます。

Category: その他
「はじめてのレース編み 基礎からよくわかる カンタン!ヘアピンレース」
北尾惠美子著より 64コースター
1406211
このハートに一目ぼれしたのと、ブレードの作り方のバリエーションが
色々載っていたので、この本を購入しました。

1406212
ヘアピンレースは、ブレードを作る単調な作業がちょっぴり苦痛。
(そこが一番重要なのに)
なので、忘れた頃にちょっと作る…くらいのペースになってしまいます。
Comment:0  Trackback:0
2012
06.24

はじめてのマカロンケース

Category: その他
本屋にふらりと寄ったら、マカロンケースの作り方の本を発見。
2個分のキットも同梱されていたので、試しに購入してみました。

1個目。片側は付属の布を使用。
1203251

裏は手持ちの布を使用しました。
内側も付属の布は好みじゃなかったので、手持ちのものを使用しました。
1203252

2個目。
もう付属の布は無視の方向です。リネンにタティングをあしらってみました。
1203253

裏はレースで縁取りしてみました。
1203254

手縫いですぐに出来るので、材料を買い足して、もうちょっと作ってみたいな。
Comment:0  Trackback:0
back-to-top