8/1のこちらの記事にちょっと載せたんですが、最近タティングレースというものにハマっています。
ということで、作ったものも増えてきたのでこのブログに ハンドメイド というカテゴリを増やして載せていきたいと思います。

ところで、タティングレースというのは普通のかぎ針で編むレース編みと違い、シャトルという舟形の道具を使って結び目を作り、それで形を作っていくものです。編むというより結うので、巷ではタティングレースを編んでいくことを「ゆいゆいする」とか言うらしいですよ。かわいい!

これがシャトル。
これにレース糸を巻いて使います。
とりあえず月イチ通販のフェリシモで、シャトル(2個セット)と「はじめてのタティングレースの会(6回シリーズ)」を購入。
1109201

Cloverから、かわいい色のものが販売されてます。
使い分けに便利な5色セット。やさしい色合いの新色「フローラ」です。
1つの作品に1個~2個シャトルを使うので、移り気の激しい私は先の2個では足りずにこちらを購入。
1109202

最初に作ったのは8/1の記事のちょうちょ→マルシェバッグのモチーフ→雪の結晶(フェリシモ)です。
ちょうちょとマルシェバッグのモチーフは↓こちらの本より。

はじめてのタティングレース(レディブティックシリーズno.3215

この本と出会えてなかったら、多分タティングレースはやってなかったと思います。
本屋でたまたま見かけて、即レジへ直行しました。この中のマルシェバッグに一目惚れ。

そしてその後作ったのがこちら
1109203
本ではもっと長く作ってブレスレットにしたものが掲載されていましたが、私はストラップにアレンジ。

練習その1
1109204

練習その2
1109205

練習その3
1109206
このモチーフはとても小さかったので、単品ではストラップにしませんでした。
どう使おうかいまだ思案中。
スポンサーサイト